知的財産法・IT法分野

知的財産法分野

 当事務所は、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権等に関して、その侵害に関わる訴訟・仮処分事件をはじめ、職務発明に関連する裁判案件、さらには無効審判事件や審決取消訴訟についての各種対応の経験を有しています。近年では、クライアント企業が海外における特許侵害紛争の当事者となった場合に、海外の法律事務所と連携し、紛争の解決を支援する役割も担っています。
 共同研究開発やライセンス契約等の知的財産権が関わる取引においても、助言の提供、契約交渉への参加、契約書の作成等、様々な形で携わっている他、著作権の権利処理が重要になるビジネス(映像音楽配信事業や電子書籍配信事業)を展開するにあたっての著作権処理に関する助言なども行っております。
 対象となる事業分野は、精密機械・電子機器・エネルギー・IT等の技術的知識を必要とするものから映像音楽・出版物・電子書籍・キャラクターデザイン等エンターテイメントに関するものまで様々ですが、専門的技術的な知見を要する案件の処理に際しては、当事務所と緊密な関係を有する弁理士と協働し、万全の対応に努めています。

IT法分野

 近年におけるIT技術の急速な利用拡大に伴い、企業の事業遂行においてもIT技術が欠かせないものになっており、それを取り巻く法環境の漸次変化を遂げております。
 当事務所は、ITに関する専門的・技術的知見をもとに、クライアント企業の事業におけるIT法分野についてリーガル・アドバイスを行っております。また、電気通信事業法やいわゆるプロバイダ責任制限法、システム開発契約といったIT関係の法分野に関してリーガル・アドバイスを提供するとともに、紛争となった場合にはその訴訟等の代理人も務めております。

知的財産法・IT法分野に関連する論文・著書

  • 2021.06

    永口学弁護士と工藤良平弁護士が編著者となり、齋藤弘樹弁護士、関口彰正弁護士、藤田浩貴弁護士、蛯原俊輔弁護士、足立理弁護士が執筆した「Q&A独占禁止法と知的財産権の交錯と実務 基礎から応用までを理解しコンプライアンスを実現するための手引き」が知財管理2021年6月号「新刊書紹介」内で紹介されました。

  • 2021.05

    松田章良弁護士、足立理弁護士、久木元さやか弁護士が日本チャプターを執筆した「Data Protection 3rd Edition Country Comparative Guide」がLegal500のウェブサイトに掲載されました。

  • 2021.04

    【最高裁判所判例紹介】令和2年9月7日 最高裁判所第二小法廷判決 損害賠償債務不存在確認等請求事件

    最高裁は、特許権の独占的通常実施権者が、特許権者を被告として、特許権者の第三者に対する特許権侵害を理由とする損害賠償請求権が存在しないことの確認を求める訴えは、確認の利益を欠くと判示した。

    執筆者:
    安西 一途 
    監修者:
    泉 篤志 
  • 2021.04

    蛯原俊輔弁護士による「中企庁、知的財産取引検討会における検討を踏まえ、知的財産取引に関するガイドライン・契約書のひな形を作成」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2021.04

    足立理弁護士による「音楽教室における著作物使用にかかわる請求権不存在確認訴訟(控訴審)」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

知的財産法・IT法分野に関連する講演・セミナー

  • 2021.06

    松田章良弁護士が、「GDR Connect 2021」と題するオンラインカンファレンスにおいて、「Exploring and exploiting new opportunities in data」と題するパネルディスカッションにモデレーターとして参加いたしました。

  • 2021.06

    松田章良弁護士が、「Round-the-World Overflight on Privacy and Cybersecurity In E-commerce」と題するオンラインカンファレンスにおいて、「Transferring E-commerce Related Data In and Out of China」と題するパネルディスカッションにスピーカーとして参加いたしました。

    講演者: 松田 章良 

  • 2021.01

    松田章良弁護士が、日本DPO協会の第2回専門研究部会セミナー(ウェビナー)にて『アジアの規制動向、グローバル対応の事例研究など』と題する講演を行いました。

  • 2020.12

    永口学弁護士が、ビジョンセンター浜松町において「独占禁止法と知的財産権の交錯と実務~知的財産ガイドラインを中心に~」と題する講演を行いました。※本セミナーは、会場受講、Live配信受講、後日WEB受講のいずれかの方法で受講できます。

    講演者: 永口 学 

  • 2020.12

    松田章良弁護士が、「Privacy Rules Annual Global Conference」(ウェビナー)にて「International data transfer compliance and data breach prevention for transnational businesses」と題するパネルディスカッションにモデレーターとして参加いたしました。

知的財産法・IT法分野に関連するお知らせ

  • 2020.06

    Global Data Reviewにて、松田章良弁護士のコメントが掲載されました。

    Global Data Reviewの「Japan's privacy amendments finalised」と題する記事(2020年6月17日付)において、2020年個人情報保護法改正に関する松田章良弁護士のコメントが掲載されました。

  • 2020.03

    Global Data Reviewにて、松田章良弁護士のコメントが掲載されました。

    Global Data Reviewの「Japan tightens data protection rules」と題する記事(2020年3月16日付)において、2020年個人情報保護法改正に関する松田章良弁護士のコメントが掲載されました。

  • 2019.08

    工藤良平弁護士が、国際知的財産保護協会(AIPPI)本部Amicus Brief常設委員会(Standing Committee)の委員に就任いたしました。

  • 2019.04

    大櫛健一弁護士が、一般社団法人不動産テック協会の幹事に就任いたしました。

  • 2019.03

    工藤良平弁護士が、一般社団法人日本国際知的財産保護協会(AIPPI・JAPAN)ロンドン国際総会2019議題検討委員会の委員に就任いたしました。

業務内容一覧