• HOME
  • お知らせ:2013年

お知らせ

お知らせテストリード文テストリード文テストリード文テストリード文テストリード文
テストリード文
/*このページはウェブページの例です。作成したウェブページに @ADD_TO_SITE_NAV というタグを設定すると、ページのヘッダ、フッタにあるナビゲーションにリンクが追加されます。*/

2013年

  • 2013.12

    唐澤新弁護士が入所いたしました。

  • 2013.11

    平成25年司法試験予備試験合格者を対象とした事務所訪問の募集を開始致しました。詳細につきましては、「採用情報」の「予備試験合格者」をご覧下さい。

  • 2013.10

    Landry Guesdon外国法事務弁護士(原資格法:フランス共和国法)が入所いたしました。

  • 2013.09

    上田淳史弁護士、大浦貴史弁護士が銀行側代理人として関与した東京地裁平成25年8月8日判決(主債務者が企業実体を有しない者であった場合において、銀行に対して信用保証した信用保証協会の錯誤無効等の主張を排斥したもの)の評釈記事が、金融・商事判例1425号、金融法務事情1982号、判例タイムズ1393号に掲載されました。

  • 2013.09

    工藤良平弁護士が、9月9日より12月末までの予定で、シンガポールのロダイク・デビッドソン法律事務所(Rodyk & Davidson LLP)及びシンガポール国際仲裁センター(SIAC)での研修を開始いたしました。

  • 2013.09

    伊藤広樹弁護士が入所いたしました。

  • 2013.08

    吉原朋成弁護士、大櫛健一弁護士、大浦貴史弁護士が取締役側代理人として関与した東京地裁平成25年2月22日判決(有価証券報告書に虚偽記載が行われていた発行会社の取締役に対する金融商品取引法上の損害賠償請求において、一部の取締役については同法21条2項1号の「相当の注意」を尽くしたとして、免責が認められたもの)の評釈記事が、金融法務事情1976号に掲載されました。

  • 2013.08

    上田淳史弁護士、冨岡孝幸弁護士、大浦貴史弁護士が銀行側代理人として関与した東京地裁平成25年4月24日判決(主債務者が反社会的勢力であった場合において、銀行に対して信用保証した信用保証協会の錯誤無効等の主張を排斥したもの)の評釈記事が、金融・商事判例1421号、金融法務事情1975号、判例時報2193号に掲載されました。

  • 2013.07

    永口学弁護士が入所いたしました。

  • 2013.06

    本年8月から9月に、法科大学院最終学年に在籍する方を対象としたサマーアソシエイトプログラムを実施致します。応募要領等の詳細につきましては、「採用情報」の「法科大学院在学生」をご覧下さい。

  • 2013.06

    若林茂雄弁護士、鈴木正人弁護士による「民法(債権関係)改正ランチセミナー」を当事務所のセミナールームにて実施いたしました。

  • 2013.05

    平成25年新司法試験受験者を対象とした事務所訪問の募集を開始致しました。詳細につきましては、「採用情報」の「司法修習予定者」をご覧下さい。

  • 2013.05

    丸山真司弁護士が、5月1日より、1年間の予定で、ラジャ・タン法律事務所(Rajah & Tann LLP 本部:シンガポール)のバンコクオフィスに出向し研修を開始いたしました。

  • 2013.04

    2013年4月29日付日本経済新聞朝刊の「ファンド摘発に苦慮」と題する記事に、鈴木正人弁護士の金融商品取引法192条に基づく緊急差止命令に関するコメントが掲載されました。

  • 2013.04

    鈴木正人弁護士が入所いたしました。

  • 2013.04

    鬼丸のぞみ弁護士が入所いたしました。

  • 2013.03

    当事務所弁護士 海老原元彦儀、去る平成25年1月23日永眠いたしました。生前の皆様のご厚誼に感謝申し上げます。つきましては、以下のとおり、「お別れの会」を執り行いますのでお知らせ申し上げます。日時:平成25年4月3日(水) 正午より午後1時まで 場所:帝国ホテル 孔雀の間

  • 2013.03

    別府文弥弁護士が入所いたしました。

  • 2013.01

    当事務所弁護士 海老原元彦儀、去る2013年1月23日午前3時享年87才にて逝去いたしました。ここに、生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。通夜・告別式などは近親者および当事務所関係者により相済ませました。後日「お別れ会」を当事務所主催にて行う予定です。

  • 2013.01

    本年1月より、当事務所の代表パートナーに、竹内洋弁護士に加え、若林茂雄弁護士が就任致しました。