弁護士等紹介

松橋 翔

松橋 翔MATSUHASHI Sho

役職
アソシエイト
メール
sho.matsuhashi@iwatagodo.com

略歴

1992年10月
東京都生
2011年3月
私立武蔵高等学校卒業
2015年3月
中央大学法学部卒業
2017年3月
慶應義塾大学法科大学院修了
2018年12月
最高裁判所司法研修所修了(71期)、弁護士登録
2018年12月
当事務所入所

主な事件・案件・業務

・M&A取引(合併、会社分割、株式交換、事業譲渡、株式譲渡、株式発行、合弁・株主間契約、資本業務提携等)に関するスキームの検討、法務デュー・ディリジェンス、契約書等のドキュメンテーション作成・審査
・民法、会社法、金融商品取引法、証券取引所規則、銀行法等に関する法的助言、意見書作成
・各種契約書作成・審査(取引基本契約書、売買契約書、賃貸借契約書、業務委託契約書、民事信託契約書、規約類、他多数)
・企業不祥事に関する調査・当局対応・法的助言(特に、独占禁止法、下請法、消費税転嫁対策特別措置法関連)
・株主総会サポート(招集通知・シナリオ・想定質問等の検討、リハーサル、事務局サポート等)
・役員の善管注意義務に関する法的助言、意見書の作成等
・買収防衛策の立案、設計、運用等に関する法的助言
・商事紛争への助言・対応

抱負

クライアントの皆様に適切かつ迅速なリーガルサービスを提供できるよう、弁護士を志した初心を忘れず、一つ一つの案件に真摯に取り組み、日々研鑽をしてまいります。

主な著作・論文等

・ 会社法改正を踏まえた株主総会対応の留意点<下>(共著 資料版商事法務443号(2021年2月号)2021年)
・ 新型コロナウイルス感染症と企業の緊急法務対応(共著 SMBC経営懇話会 2020年)

論文・著書

  • 2021.06
    商事法務ポータル

    松橋翔弁護士による「LIXIL、バーチャルオンリー型株主総会を可能とする 定款一部変更議案に関する補足説明」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2021.03
    論文・著書

    伊藤広樹弁護士、冨田雄介弁護士、山田康平弁護士、松橋翔弁護士が執筆した「会社法改正を踏まえた株主総会対応の留意点<下>」が、資料版商事法務443号(2021年2月号)に掲載されました。

  • 2020.12
    商事法務ポータル

    松橋翔弁護士による「味の素、指名委員会等設置会社への移行及びサステナビリティ諮問会議の設置」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2020.10
    最高裁判所判例紹介

    【最高裁判所判例紹介】令和2年9月3日 最高裁判所第一小法廷判決 総会決議無効確認等請求事件

    最高裁は、事業協同組合の理事を選出する選挙の取消しを求める訴えに、同選挙が取り消されるべきもの
    であることを理由として後任理事又は監事を選出する後行の選挙の効力を争う訴えが併合されている場合には、
    特段の事情がない限り、先行の選挙の取消しを求める訴えの利益は消滅しないものと解するのが相当である旨判示した。

    執筆者:
    松橋 翔 
    監修者:
    泉 篤志 
  • 2020.07
    商事法務ポータル

    松橋翔弁護士による「総務省、法務省、経産省、利用者の指示に基づきサービス提供事業者自身の署名鍵により暗号化等を行う電子契約サービスに関するQ&Aを公表」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2020.07
    論文・著書

    田子真也弁護士、永口学弁護士、関口彰正弁護士、松橋翔弁護士が執筆した「新型コロナウイルス感染症と企業の緊急法務対応」がSMBC経営懇話会より刊行されました。

  • 2020.03
    商事法務ポータル

    松橋翔弁護士による「公取委、カルバン錠の販売業者に対する排除措置命令及び課徴金納付命令」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2019.07
    最高裁判所判例紹介

    【最高裁判所判例紹介】平成31年4月25日 最高裁第一小法廷判決 未払賃金等、地位確認等請求事件

    最高裁は、使用者と労働組合との間の合意の効果が組合員に帰属することを基礎付ける事情がない場合、当該労働組合に所属する組合員の未払賃金に係る債権が放棄されたということはできない旨判示した。

    執筆者:
    松橋 翔 
    監修者:
    若林 茂雄 

お知らせ