弁護士等紹介

福地 拓己

福地 拓己FUKUCHI Takumi

役職
アソシエイト
メール
takumi.fukuchi@iwatagodo.com

略歴

1991年3月
埼玉県生
2009年3月
私立城北高等学校卒業
2014年3月
早稲田大学法学部卒業
2016年3月
一橋大学法科大学院修了
2017年12月
最高裁判所司法研修所修了(70期)、弁護士登録
2017年12月
髙井・岡芹法律事務所入所
2020年7月
当事務所入所

主な事件・案件・業務

人事・労務案件(使用者側)
・日常的な人事労務問題に対する相談対応(労働時間、賃金(残業代等)、採用、退職、配転・出向、懲戒、解雇、メンタルヘルス、ハラスメント、労働災害、個人情報管理等)
・問題社員への対応についての助言
・就業規則等の作成・変更及びそれに伴う諸問題への対応
・労務Due Diligence (M&A、IPO等)
・労働組合対応(労働組合との団体交渉・事務折衝、労働委員会における不当労働行為申立て・あっせん等)
・紛争・行政対応(訴訟・労働審判・仮処分、労働局の助言指導・あっせん、労働基準監督署の調査指導等、本人・代理人との任意交渉等)
その他一般企業法務
・各種契約書のレビュー
・株主総会
・コーポレートガバナンス
M&A/企業組織再編

抱負

前職では、経営者側の人事・労務を主に取り扱う法律事務所に所属していました。労働問題を中心として、分野を問わず様々な不安を抱える依頼者の皆様と一体となって、迅速かつ丁寧に案件に取り組んでまいります。

所属

第一東京弁護士会労働法制委員会

主な著作・論文等

・2020年版 年間労働判例命令要旨集(共著 労務行政 2020年)
・判例解説 解雇・懲戒の勝敗分析(共著 日本加除出版 2020年)

論文・著書

  • 2021.01
    論文・著書

    福地拓己弁護士が執筆した「業務時間中にトイレに行く際、上司への報告を義務づけることは問題か」が労政時報第4007号相談室Q&Aに掲載されました。

  • 2021.01
    論文・著書

    藤原宇基弁護士と福地拓己弁護士が執筆する連載記事「業種・職種別にみる多様な働き方に応じた労務管理相談」の第14回「メディア業界(3)」が月刊人事労務実務のQ&A2021年2月号に掲載されました。

  • 2020.12
    商事法務ポータル

    福地拓己弁護士による「監査役協会、「企業集団における不祥事防止を切り口とした監査体制強化の在り方」を公表」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2020.12
    最高裁判所判例紹介

    【最高裁判所判例紹介】令和2年10月13日 最高裁第三小法廷判決 損害賠償請求事件

    最高裁は、無期労働契約社員である正社員と有期労働契約社員である「契約社員B」との間の退職金の支給の有無にかかわる相違が労働契約法20条違反であることを理由として損害賠償請求を求める訴えに、会社の正社員に対する退職金が有する複合的な性質やこれを支給する目的を踏まえて、売店業務に従事する正社員と契約社員Bの職務の内容等を考慮すれば、両者の間に退職金の支給の有無に係る労働条件の相違があることは、不合理であるとまで評価することができるものとはいえない旨判示した。

    執筆者:
    福地 拓己 
    監修者:
    泉 篤志 
  • 2020.12
    論文・著書

    藤原宇基弁護士、福地拓己弁護士、藤沼香桜里弁護士が執筆した「内定取り消しを検討する際の法律・実務対応」が労政時報第4006号に掲載されました。

  • 2020.11
    論文・著書

    藤原宇基弁護士と福地拓己弁護士が執筆する連載記事「業種・職種別にみる多様な働き方に応じた労務管理相談」の第12回「メディア業界(1)」が月刊人事労務実務のQ&A2020年12月号に掲載されました。

  • 2020.09
    論文・著書

    藤原宇基弁護士と福地拓己弁護士が執筆する連載記事「業種・職種別にみる多様な働き方に応じた労務管理相談」の第10回「製造業(4)」が月刊人事労務実務のQ&A2020年10月号に掲載されました。

  • 2020.08
    商事法務ポータル

    福地拓己弁護士による「厚労省、第162回労働政策審議会労働条件分科会――「副業・兼業の場合の労働時間管理について」及び「労働基準法に基づく届出等における押印原則の見直しについて」を議論」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

お知らせ

  • 2020.07

    福地拓己弁護士が入所いたしました。