弁護士等紹介

上西 拓也

上西 拓也UENISHI Takuya

役職
パートナー

略歴

1985年5月
兵庫県生
2004年3月
私立灘高等学校卒業
2008年3月
東京大学法学部卒業
2010年3月
東京大学法科大学院修了
2011年12月
最高裁判所司法研修所修了(新64期)、弁護士登録
2011年12月
当事務所入所
2019年5月
UC Berkeley School of Law卒業(LL.M.)
2019年-2020年
Greenberg Traurig, LLP Washington D.C. Office勤務
2019年10月
ニューヨーク州弁護士試験合格

主な事件・案件・業務

訴訟案件(金融機関、メーカー等の代理人)、民事保全案件(仮差押、仮処分の申立代理人)のほか、契約書雛型作成や規定類の制定をはじめとする各種相談案件(主な分野:民法・会社法・労働法)や各種紛争解決案件(企業間紛争、一般消費者対応)を担当しております。

抱負

専門知識を必要とする大型訴訟、M&A案件、会社によって個性の異なる株主総会の指導から、迅速な対応を必要とする保全案件、一般消費者対応まで様々な特色の案件を担当する中で、個々の案件の特徴に対応した柔軟なリーガルサービスを提供できるよう心掛けております。
自らを高めることで、クライアントの皆様、ひいては社会全体の発展に寄与することができると信じておりますので、日々の着実な努力と準備を欠かさず精進して参ります。

主な著作・論文等

・“Amendments to Japan’s Foreign Lawyers Act Clarify and Broaden the Scope of Party Representation by Foreign Counsel in International Arbitration” Kluwer Arbitration Blog (Greenberg Traurig, LLPのThomas G. Allen氏と共同執筆 2020年)
・Q&A 家事事件と銀行実務 第2版(共著 日本加除出版 2020年)
・時効・期間制限の理論と実務(共著 日本加除出版 2018年)
・金融実務に役立つ成年後見制度Q&A(共著 経済法令研究会 2017年)
・金融機関役員の法務-コーポレートガバナンスコード時代の職責-(共著 一般社団法人金融財政事情研究会 2016年)
・営業店の反社取引・マネロン防止対策ハンドブック(共著 銀行研修社 2014年)
・法務担当者のための民事訴訟対応マニュアル【第2版】(共著 商事法務 2014年)
・Q&Aインターネットバンキング(共著 きんざい 2014年)
・Q&A 家事事件と銀行実務(共著 日本加除出版 2013年)
・各業務における反社勢力対応のポイント(共著 銀行実務658号)
・金融機関職員向けテキスト監修(共同監修)

論文・著書

お知らせ

  • 2020.08

    上西拓也弁護士がGreenberg Traurig, LLPのThomas G. Allen氏と共同執筆した「Amendments to Japan's Foreign Lawyers Act Clarify and Broaden the Scope of Party Representation by Foreign Counsel in International Arbitration」と題する解説が、Kluwer Arbitration Blogに掲載されました。

  • 2020.08

    上西拓也弁護士が、アメリカ合衆国の法律事務所における勤務を経て帰国し、当事務所での執務に復帰いたしました。

  • 2020.01

    角野秀弁護士、上西拓也弁護士、工藤良平弁護士、別府文弥弁護士がパートナーに就任いたしました。

  • 2018.07

    上西拓也弁護士が、7月よりUniversity of California, Berkeley校へ留学いたしました。

  • 2011.12

    上西拓也弁護士が入所いたしました。