TOP背景画像
  • HOME
  • 論文・著書

論文・著書

論文・著書

  • 2021.12

    藤原宇基弁護士が執筆する連載記事「注意 判例をチェックしましょう!」の「第117回 専門社員として高報酬を得ている契約社員に残業代を支払っていません。」が労務事情2021年12月1日号に掲載されました。

  • 2021.11

    本村健弁護士、齋藤弘樹弁護士、堀優夏弁護士が執筆した「取締役・監査役とリスク管理体制・内部統制システム」が、月刊監査役2021年12月号に掲載されました。

    執筆者:
    本村 健  齋藤 弘樹  堀 優夏 
  • 2021.11

    藤原宇基弁護士と福地拓己弁護士が執筆する連載記事「業種・職種別にみる多様な働き方に応じた労務管理相談」の第24回「製薬業(3)」が月刊人事労務実務のQ&A2021年12月号に掲載されました。

商事法務ポータル

最高裁判所判例紹介

  • 2021.11

    【最高裁判所判例紹介】令和3年6月29日 最高裁第三小法廷判決 報酬等請求本訴、不当利得返還請求反訴事件

    最高裁は、無免許者が宅地建物取引業を営むために宅地建物取引業者からその名義を借り、当該名義を借りてされた取引による利益を両者で分配する旨の合意は、公序良俗に反し、無効であると判示した。

    執筆者:
    久木元 さやか 
    監修者:
    泉 篤志 
  • 2021.10

    【最高裁判所判例紹介】令和3年7月19日 最高裁判所第二小法廷判決 損害賠償請求事件

    最高裁は、会計限定監査役は、計算書類及びその附属明細書の監査を行うに当たり、当該計算書類等に表示された情報が会計帳簿の内容に合致していることを確認しさえすれば、常にその任務を尽くしたといえるものではないと判示した。

    執筆者:
    和田 義光 
    監修者:
    泉 篤志 
  • 2021.09

    【最高裁判所判例紹介】令和3年3月18日 最高裁判所第一小法廷決定 検証物提示命令に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件

    最高裁は、電気通信事業者は、その管理する電気通信設備を用いて送信された通信の送信者の特定に資する氏名、住所等の情報で黙秘の義務が免除されていないものが記載され、
    又は記録された文書または準文書について、当該通信の内容にかかわらず、検証の目的として提示する義務を負わないと判示した。

    執筆者:
    堀 優夏 
    監修者:
    泉 篤志